1. HOME
  2. TOPICS
  3. 日々の暮らしに器
日々の暮らしに器
日々の暮らしに器
2018.09.25 TUE. UPDATE
 
 
お気に入りの器を一つ使うことで、食卓が一気に華やかになります。
例えば、素敵なお皿にお漬物ひとつ盛るだけで、お料理屋さんのような雰囲気になったり、
パウンドケーキを盛るだけでおしゃれなカフェに来たような気分にすることだってできます。
器とは、いつもの暮らしに華を添えてくれます。
器を好きになるということは、一つの個性を大切に想うこと、
人の温もりやモノづくりの奥深さを感じることができる。気付けば、心が豊かになります。

毎日の生活の中で、なんとなくそんな気持ちを抱くことで、ほんの少し丁寧な暮らしが手に入るような気がしませんか?
今回新たにETRÉ TOKYOへ迎え入れる器を求めて岐阜県土岐市を訪れました。



日々の暮らしに器



美濃焼とは

美濃焼といえば、普段何気なく使っている器の中で、
最も数多く私たちの暮らしに溶け込んでいる器とも言われています。
1000年以上も昔から今もなお、新たな感覚を取り入れながら陶磁器の魅力を生み出し続けている美濃焼。
ルールのない多様な色、形が存在するのが美濃焼です。

--------------------------------------------------------------------------------
-深山-

岐阜県瑞浪市。美濃焼産地の中でも特に白磁の製造に特化した地区にある”深山 “にお邪魔してきました。
ここでは、素材を美しく仕上げることにこだわり、
鋳込み成形と呼ばれる泥状に溶かした白磁土を石膏型に流し込み、
形を生み出す技法を取り入れていました。
この土地で取れる3種類の粘土を調合しガラス質の多い磁器土を1340度の高温で焼き上げ、
そこからまた多くの人の手を渡り器となっていきます。
手作業によるものとは思えないほど正確なその手しごとは、繊細でたくましく、とても温かみを感じられ、
人が暮らしてきた時間に向き合うこと、その思いとともに歩み、丁寧に作り続けられてきたのだと感じる風景。

日々の暮らしに器


日々の暮らしに器


数ある窯元の中から、今ETRÉ TOKYOの気分に合わせた器をセレクトオーダーしてきました。
暮らしに寄り添い、長く大切にしていきたいと思えるモノたち。
ほんの少し、みなさんの暮らしのヒントになれますように。


-SAKUZAN-

色や形などの目に見える美しさはもちろん、毎日の暮らしになじむこと、使い心地の良さを大切にし、
一つひとつを丁寧に、ひたすら丁寧に、一人ひとり、一つひとつの手しごとの美しさが込められています。
「SAKUZAN」の器は、伝統技術を守りながら、現代の感覚を取り入れたモダンなデザインに仕上げられているため、
他の食器との調和を楽しむことも出来て、料理の種類も選びません。
手の温もりがありながら、日常使いに程良いデザイン。
心地の良い暮らしを考えたとき、そばにあると安心する器です。
sakuzan1 sakuzan2 sakuzan3


-3rd CERAMICS-

個人作家ではなく、大きなメーカーでもない、新たなモノ作りのカタチを展開する3RD CERAMICS。
無機質に見えて温もりを感じさせる色合いや、丸みを帯びたフォルムがモダンなデザインが魅力。

3rd1 3rd2


-兵山窯-

古い歴史とともに高い技術と知識、経験を持った職人がいる窯元。
伝統の様式は今でも受け継がれており、昔ながらの手法や道具を使いながら、
今では食を豊かに楽しくする気取らない普段着の器をも生み出しています。

heizan1 heizan2 heizan3